ライフ RSS

 

外国語を完璧に話す英・米のイケメンYoutuberが教える効果的な外国語学習方法

2020年4月15日 07:07

小

中

大

印刷

「MYBY孟言布语」のDaydayとBlair(画像: Youtubeより)

「MYBY孟言布语」のDaydayとBlair(画像: Youtubeより)[写真拡大]

写真の拡大

 「MYBY孟言布语」はDayday(アメリカ人)とBlair(イギリス人)、2人の男性が中国語で配信しているYouTubeチャンネルだ。2人は2016年から週1で動画を配信、チャンネル登録者数は27.1万人、多い時の再生回数は80万回に達している。

【こちらも】中国語の勉強に最適なTV番組、「世紀大講堂」のオススメスピーチと学習方法

 外国人が中国語で発信するチャンネルの中では最高とも言える人気を博しているわけだが、その理由は「ほとんど中国人!」と視聴者を驚嘆させるスピーキング力だ。2人は下記の動画で語学学習方法の秘訣を語っている。中国語に限らず、全ての外国語を勉強する人に共通で有効な学習方法のため、参考にしてみよう。

https://www.youtube.com/watch?v=_0oE5idcWNE
 (言語:中国語、字幕:中国語、英語)

■MYBY孟言布语チャンネルが教える効果的な外国語の勉強方法

●1. 自分の動作を1~2分間外国語で実況中継しこれを録音する。


 録音を聴いて正確に言えなかった単語を調べ、正確な発音を練習する。
 例)「朝起きて、水道の蛇口をひねって、顔を洗い、歯を磨き、洋服を着替えた。」

 この1文では「水道の蛇口をひねる」という言葉が言えなかった人が多いと思う。このように、朝起きてから夜寝るまでの実際の行動を実況中継して録音すると、使用頻度の高い言葉でも、正確に言えないものがたくさんあるということに気づく。

●2. 会社、学校、地域のイベントに積極的に参加し、外国語でスピーチや劇を披露したり、司会を務めたり、歌を歌う。

 大衆の面前で歌詞やセリフを間違えたら恥ずかしいので、何度も何度も繰り返し覚えて練習する。語学力アップに欠かせないインプットとアプトプットを徹底的に繰り返すため、会話力、表現力が短期間で向上する。

●3. 単語学習アプリ、フラッシュカードを使った語彙学習。

 スマホのアプリを使った学習であれば、時と場所を選ばない学習が可能。通勤時間や待ち時間を有効的に利用できる。アプリで覚えた単語は、必ず実際の会話でも使ってみて、記憶を定着させることが不可欠だ。

●4. 「読む・聞く・書く・話す」を均等に鍛える環境を積極的に整える。

 母語話者の友人を作って会話時間を確保する、テレビを見てリスニング力を鍛える、本を読んでリーディングの力をつける、学習言語を使ってメールするといった日常生活の中で簡単にできる練習方法を取り入れ習慣化する。

■MYBY孟言布语チャンネルが教える外国語の学習態度

 Blair(イギリス人): 謙虚であれ。語学学習に終わりはない。どれだけ上達しても完璧なんてありえない。謙虚な姿勢で学び続けることこそが、語学習得の秘訣だ。

 Dayday(アメリカ人): アメリカ人を見習って面の皮を厚くしろ!間違いを恐れずどんどん会話するべし。失敗こそ学びのチャンスと心得よ!

 2人の会話を聞いていてひしひしと感じるのは、2人が語学学習にかける並々ならぬ思いだ。これこそが外国語習得の鍵であり、学び続ける原動力であろう。外国語を学ぶことをライフワークとして捉え、語学向上への執念を燃やし続ける2人の姿勢を見習いたい。(記事:薄井由・記事一覧を見る

関連キーワードアメリカ中国イギリスYouTube

関連記事

広告

財経アクセスランキング