野村 一時急落、セクター内の選好順位低いとして米系証券が格下げ

2020年4月10日 15:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:16JST 野村---一時急落、セクター内の選好順位低いとして米系証券が格下げ
野村<8604>は一時急落。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「中立」から「売り」に格下げ、目標株価も580円から400円に引き下げている。当面は外部環境悪化によるダウンサイドリスクへの耐性力や利益・株主還元の安定性を重視とし、金融セクターにおけるサブセクターの選好順位は「損保→リース→生保→大手行→地銀→証券」としているもよう。ホールセール部門やリテール部門の利益水準低下などから、バリュエーションには割高感としている。なお、株価は後場に入りプラスに転じている。《HH》

広告

財経アクセスランキング