ライフ RSS

 

転職を検討している人が副業を活用!? 新しい副業の使い方

2020年4月1日 11:55

小

中

大

印刷

 終身雇用制度が当たり前でなくなった現代において、転職メディア・転職エージェントなどをうまく活用して転職を検討している人も多いだろう。しかし、転職先が本当に良い企業なのか、本当に自分のやりたい仕事なのかを判断する方法は意外と少ない。

【こちらも】本業を活かして副業に! 自分のスキルを活かした副業を始める方法

 そこで、気軽にチャレンジできる「副業」を転職先選びの試金石として活用している人が増えている。今回、実際にどのように活用しているのかを紹介したい。

 全くの未経験から新しい業界・職種にチャレンジするのはとても勇気がいることだろう。そこで、自分の興味のある未経験業界・職種にまつわる副業にチャレンジしてから判断する人が増えているようだ。

 自分の中で期限を決めて、一定期間だけアルバイトや派遣などでその業界・職種の仕事に就いたり、クラウドソーシングサービスなどを用いて仕事を見つけたりしている。

 実際に勤めたいと思う企業でなくとも、関係業界であれば大まかなことを知ることができる。誰かから聞く情報、ネットに落ちている情報だけで判断するのではなく、自分の体感という一次情報を得てから転職活動をするのは、その後のマッチングミスを防ぐのに大変有効なようだ。

 副業の良さの1つに「撤退のしやすさ」がある。稼ぐことのできる金額や行えることに制限がある一方で、責任の範囲も限定的で一時的な働き方であるため、ちょっと試してみてすぐに辞めるということが比較的容易だ。

 もちろん社会的な責任、関わる人への配慮などは必要になるが、自分の好きなタイミングで好きな時間を投入することができるだろう。これらの要因があるからこそ、転職先を見つけるための「インターンシップ」のような気持ちで副業にチャレンジすることが少しずつ広まっている。

 今勤めている企業でくすぶっている人だけでなく、自分の新しい可能性を見つけたいという人にもオススメできる。もっと気軽に自分の未来を考えるきっかけとして、副業に手を出してみるのはいかがだろうか。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワード働き方副業転職インターンシップクラウドソーシング

関連記事