マスク関連株が再び活況、川本産業や中京医薬品は久々にストップ高

2020年3月26日 11:38

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■品薄なお続き、材料高、値上がりの兆しと伝えられ思惑買い再燃

   川本産業<3604>(東2)は3月26日、久々に急伸してストップ高の1371円(300円高)まで上げ、前引けにかけてはストップ高買い気配。同じく中京医薬品<4558>(JQS)も久々に急伸してストップ高の416円(80円高)に達し、買い気配となっている。

 両銘柄ともマスク関連株と位置付けられ、「マスク・消毒液、品薄なお、(中略)材料高、値上がりの兆し」(日本経済新聞2020年3月26日付朝刊)と伝えられ、材料視されている。

 ともに、新型コロナウイルス流行を受けて1月中旬から2月初にかけて爆発的な急騰相場を演じた。このところは急騰幅の8割以上を帳消しにしてしまったが、小池東京都知事の25日夜の緊急会見も思惑買いを再燃させる契機になったようだ。ダイトウボウ<3202>(東1)もストップ高、化学防護服のアゼアス<3161>(東2)もストップ高となっている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】メドレーは続落も初決算に期待を高めて直近IPO株買いが再燃余地(2020/01/23)
ヒーハイスト精工は調整一巡、21年3月期収益回復期待(2020/02/18)
Delta-Fly Pharmaは新規抗がん剤創薬ベンチャー(2020/02/18)
【編集長の視点】ランサーズは上場来高値を射程圏、借入金返済を手掛かりに直近IPO株買いが増勢(2020/01/24)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告