スマートフォンで仮想通貨運用

2020年3月26日 10:58

小

中

大

印刷

 今、日本では投資が推奨されている。だが投資は難しい、失敗したくない、と悩む人をみかけてきた。お金に詳しい知人がいると、「どうやったらお金が増えるのか?損はしたくない」などと聞く人も男女問わず発生する。

【こちらも】新型コロナを乗り切って資産を増やすチャンスに

 投資を身近に感じるためには、少額からでも体験してみることがオススメだ。今回はスマートフォン利用して、ゲーム感覚で始められる仮想通貨を紹介する。

■アプリで仮想通貨?

 アプリをダウンロードすると、仮想通貨の取り扱いが可能だ。仮想通貨のアプリも豊富にあり、簡単に始めることができる。運用方法は日本円を振り込んで仮想通貨にトレードすること。仮想通貨は値動きが激しいため、2000円入れた資産が数日後に半額まで落ち込むこともある。あっという間に資産が減るので、とても驚いた。

■値動きの激しい資産運用

 値動きが激しいため、ハイリスク・ハイリターンとはなる。新型コロナの影響で運用を避けている人もいるため、最近落ち込みがちだ。ずっと価値が下がっているのではなく、通貨によって上がったり下がったりしているのが仮想通貨の楽しみ方だろう。

■仮想通貨の使い方

 仮想通貨は株の短期売買のように、コインの売買で利益を出すように思われている。最近はあまり聞かないが、2017年にはニュースで大きく取り扱われたため、「仮想通貨」という単語だけ知っている人もいるだろう。仮想通貨は値動きを見てギャンブルをするものなのだろうか。

■仕事の取引

 海外の人物と取引をした時に、仮想通貨ならばスムーズに代金のやりとりが可能だ。共通のコインを使って取引ができるため仕事の対価を考えやすい。

■ハイリスク・ハイリターン

 仮想通貨で投資を行うことも可能だ。取引所によっては1000円の少額からやりとりを開始することができる。仮想通貨の価値は上がり下がりが激しく、上がったと思えば暴落することもあるだろう。このリスクとリターンを楽しめる人だと投資に仮想通貨を組み込むのもいいだろう。

■初心者は長期保有

 短期売買で利益を出す方法もあるが、初心者には長期保有で値が上がった時に売るスタンスが向いている。仮想通貨の現物を買うこと、長期保有でリスクを減らすことが初心者のポイントだ。値段が暴落した時に安全のため売却する方法もあるが、投資信託のように値段が低くなったタイミングで追加購入の冒険をする方法もあるだろう。

 投資は投資信託や株など、有名どころだけではない。投資信託を始めているが、もっと値動きのある面白いものを始めたい、そんな人にチャレンジしてほしいのが仮想通貨だ。問題点は、新しい投資のため、なにかあった時に補償が整っていないこと。そのため全財産を仮想通貨につぎ込むのは考えものだ。

関連キーワード仮想通貨資産運用

広告