シャープ、特許侵害を理由にテスラモーターズジャパンを提訴

2020年3月24日 17:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 シャープがテスラモーターズジャパンに対し、特許権侵害を理由にTeslaの電気自動車の輸入・販売の差止を求めて裁判を起こした(シャープのニュースリリース)。

 シャープは、同社が保有するLTE関連の特許をTeslaが侵害していると主張している。

 Teslaの車両には無線通信機能が搭載されており、ワイヤレスでソフトウェアのアップデートを行えるようになっている。ここで使われる通信装置が問題となっているようだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | テクノロジー | ビジネス | 法廷 | パテント

 関連ストーリー:
シャープ、同社のWiFi関連特許を侵害しているとしてオッポジャパンを提訴 2020年01月31日
知財高裁、シャープの「IGZO」の商標を取り消す 2015年02月25日
液晶特許紛争: シャープ vs 台湾メーカ & イオングループ 2004年06月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車テスラモーターズシャープ特許裁判

広告

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース