KaiOS、本家Mozillaと提携

2020年3月15日 17:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

KaiOS Technologiesは11日、KaiOSのGeckoエンジンを強化し、より多様でオープンなモバイルインターネットを実現するためにMozillaと提携したことを発表した(プレスリリースNeowinの記事Ghacksの記事)。

KaiOSはフィーチャーフォンタイプの低価格・低スペック端末で4G/LTEやGPS、Wi-Fi、HTMLベースのアプリなどを利用可能な「スマートフィーチャーフォン」を実現するモバイルOS。かつてMozillaが開発していたFirefox OS後継のオープンソースOS「B2G (Boot to Gecko)」をフォークしたものであり、HTML5ベースのエクスペリエンスはFirefoxブラウザーと同じくGeckoエンジンがコアとなっている。

KaiOS端末は世界100か国以上で計1億台以上が出荷されており、AndroidとiOSに次ぐ第3のモバイルOSの座を固めつつある。専用アプリストアKaiStoreではGoogleアシスタントやWhatsApp、YouTube、Facebookなど、400本以上のアプリが入手可能だ。Mozillaと提携することで、KaiOSのGeckoエンジンはFirefoxとの将来的な互換性維持やパフォーマンス向上のほか、セキュリティ向上や最新技術の利用が可能になるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | OS | Firefox | Mozilla | デベロッパー

 関連ストーリー:
インドで5000万台が販売されたというKaiOS搭載携帯電話 2020年01月29日
Google、インターネットなしで利用可能なGoogleアシスタントのサービスをインドで開始 2019年09月23日
インドの携帯通信キャリア専用ブランド、全世界の携帯電話出荷台数でトップ10に入る可能性 2018年10月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookGoogleiOSAndroidFirefoxMozillaHTML5YouTubeWhatsAppオープンソースKaiOS

関連記事

広告