楽天、送料無料化の一律導入を撤回

2020年3月6日 22:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 楽天が一定額以上の注文で送料を無料にする「共通の送料込みライン」の一律導入を中止し、対応できる店舗から順次実施することにしたそうだ(NHK)。

 楽天は昨年8月、同社のオンラインモール「楽天市場」に出店する事業者に対し、一定額以上の注文で送料を無料にするよう通達。当初「共通の送料無料ライン」と呼ばれていたサービス名称は「共通の送料込みライン」に変更され、3月18日からの実施が予定されていた。公正取引委員会は独占禁止法違反の疑いで調査を行い、2月28日には緊急停止命令を東京地方裁判所に申立てている。楽天側は法令上の問題はないと主張しており、今回は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大により店舗の人員不足などの影響が出ていることを理由に挙げているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | スラッシュバック | お金

 関連ストーリー:
公正取引委員会、楽天の送料無料化について東京地裁へ緊急停止命令を申し立て 2020年03月01日
楽天に対し独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで立ち入り検査 2020年02月10日
楽天送料無料化について、店舗の有志連合が公正取引委員会に調査要請 2020年01月23日
楽天の「送料無料」に対し独占禁止法違反との指摘 2019年12月19日
楽天市場、3980円以上の商品をすべて送料無料にするよう通達 2019年08月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード楽天公正取引委員会独占禁止法裁判新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング