セリーヌ、2020年秋冬コレクション発表 モダンに楽しむクラシカルなエレガンス

2020年3月6日 08:49

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 セリーヌ(CELINE) 2020年秋冬コレクションが、2020年2月28日(金)にフランス・パリで発表された。

■会場に漂うクラシカルなムード

 今季で4度目のショー開催を迎える、エディ・スリマン率いるセリーヌ。今シーズンは、セカンドシーズン以降提案している、ブルジョワスタイルのムードを引き続き踏襲。クラシックでありながらデイリーウェアとしても着用できる、現代女性の為のワードローブがランウェイへと登場した。

■クラシカルな装飾の襟元

 カジュアルなデニムパンツとのスタイリングが提案された前シーズンとは異なり、今季はよりクラシカルなムードを強めているように感じられる。

その上質な質感が伝わるブラックやブラウン、ネイビーと色味を抑えた細身のジャケットスタイルは、大き目の襟やたっぷりのフリル、スカーフカラー、蝶ネクタイなど、首元にポイントをおいたシックなブラウスをインサート。しかしながら、膝丈上に設定した短めのスカートと、フロントをラフに開けたジャケットの着こなしによって、モダンな要素をプラスするのも忘れてはいない。

■パイソン柄×クラシカルの融合

 本来出会うはずのない要素も1つのピースの中でミックス。大きな白襟をつけたクラシカルなワンピースは、エッジのきいたパイソン柄と融合することで、現代に引き寄せたエレガンスを作り上げる。細身のレザーベルトでウエストはキュッと絞りながら、Vネックの襟元のカッティングは深めに入れることで、バランスのとれた抜け感を演出している。

■デニムパンツのルック再び

 今季のデニムパンツを使用したルックは、ロングブーツを組み合わせた、すっきりとしたシルエットでクリーンな印象に。また古典的なラッフルカラーの白トップスは、ニットで仕立てることで秋冬にぴったりな温もり溢れる表情へと導いている。

■繊細に煌めくドレスも

 ショーのラストには、スパンコールやビーズの刺繍をあしらった、エディらしい煌びやかな装飾のドレススタイルが登場。しかしながら“華美”という印象よりも、1つ1つの繊細なクチュールテクニックを感じられるものばかりだ。足元には、レザーのロングブーツでエッジをきかせて。またコレクションの中には、フランスを代表する彫刻家、現代美術家のセザール・バルダッチーニとコラボレーションした特別なゴールドのネックレスもアクセントとして加えられていた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード

関連記事