iPhoneを持っている登場人物は犯人ではない?Appleが悪役に使用を許可せず

2020年2月29日 09:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」などで知られる映画監督のライアン・ジョンソン氏曰く、Appleは映画の中で悪役がiPhoneを使うことを許可していないという(Engadget日本版GIGAZINEMacRumors)。

 AppleはメディアなどにApple製品が登場する場合、それらの使われ方などに厳しい制限をかけているという。そのため、ドラマなどで「善人はMacを、悪人はPCを使っている」というような状況も発生しうるという。なお、こう言った企業はAppleだけに限らず、過去にはギャングたちがコカ・コーラを振る舞ったシーンに対しコカコーラが苦情をつける、と言ったトラブルもあったという。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 映画 | アップル

 関連ストーリー:
Apple、ドイツの自転車道「リンゴの道」のロゴに対し商標違反だとして使用禁止を求める 2019年05月07日
スイス裁判所、Swatchの「Tick Different」商標無効を主張するAppleの訴訟を棄却 2019年04月06日
Apple、「ペンパイナッポーアッポーペン」商標登録の取消に失敗 2019年03月19日
Appleに商標違反でクレームを付けられたイタリアのSteve Jobs社、社名やロゴの使用が認められる 2018年01月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhoneMacスター・ウォーズ