アニオナ、20年秋冬ウィメンズ&メンズコレクション発表

2020年2月27日 08:30

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アニオナ(AGNONA)の2020-21年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションが、2020年2月22日(土)、イタリア・ミラノで発表された。

■90年代のエレガンスとミニマリズムに着想

 今季、クリエイティブディレクターのサイモン・ホロウェイがインスピレーション源にしたのは、90年代半ばのエレガンスとミニマリズム。国際的なアートフェア「フリーズ・アートフェア」で、ジョーダン・ウォルフソンの作品に描かれていたジョン・F・ケネディ Jrと妻キャロリン・ベッセット・ケネディのカップルにヒントを得て、洗練されたモダンなスタイルを作り上げていく。

■キャロリン・ベッセット・ケネディに着想

 ウィメンズからスタートしたファーストルックはまさにキャロリンをイメージした今季の象徴的なスタイルと言える。シアリングとスエードで構成されたダブルフェイスのピーコートは、ラウンドシェイプのデニムとコーディネート。贅沢な素材感のキャメルカラーとインディゴブルーのコンビネーション、そして洗練されたシルエットが、リュクスでありながらエフォートレスなムードを生み出している。

 ベアトップドレスには、フロントに上品な光沢をまとったレザーを、バックにやわらかなニットを用いて。ラグジュアリーなマテリアルの魅力とストラップレスのタイトシルエットを融合させることで、官能的でありつつもモダンでクリーンな印象に仕上がった。

■20年ぶりに復活したメンズコレクションも同時発表

 ランウェイで同時に発表されたメンズコレクションは、2000年の休止以来20年ぶりに復活したもので、サイモン・ホロウェイが初めて手掛けるメンズコレクションとなる。メンズもアメリカのファッションスタイルを着想源に、正統派なアイビールックにヨーロピアンエレガンスを加えた、ひねりのあるプレッピースタイルを完成させている。

■エレガントなアイビールック

 太めに編み込んだブラウンのケーブルニットはデニムパンツにタックインしてスマートに、足元にはカシミアのケーブルソックスローファーを組み合わせて。カシミアで仕立てた気品あふれるグレーのダブルブレストコートには、濃紺のタートルネックを差し込んでいる。いずれもトラディショナルなアイビールックをベースに置きつつ、素材やカラー、コーディネートでヨーロッパ流の上品なムードをプラスしている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミラノ2020年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース