すぐ「世代のギャップ」という中高年男性たち

2020年2月24日 18:28

小

中

大

印刷

 社内コミュニケーションは、どの会社でも何かしらの課題がありますが、うまくいかない理由を聞くと「世代のギャップ」と言われることがあります。これを持ち出すのは、ほとんどが40代後半以上の中高年男性で、私と同世代にあたる人たちです。

 最近もいくつかの会社で、社員の方々から情報共有やコミュニケーションに関する課題をヒアリングしている中で出てきました。
 はじめのうちは自分の原因も話に出ますが、徐々に本音が出てきて「価値観が違う」「話が通じない」「常識がわかっていない」などと言い始め、その理由は「世代のギャップ」となります。
 自分たちは「気をつかっている」「働きかけている」「歩み寄っている」と言い、それに対して相手が乗ってこないそうです。「世代のギャップ」が原因なので解決しようがなく、「もうあきらめている」などと言います。しかしそれでは困ります。

 そもそも、本当にそれは「世代のギャップ」が原因なのでしょうか。私はその人たちとは同世代ですが、決してそればかりではないと思っています。世代の違いは確実にありますが、それ自体がコミュニケーション問題の原因ではありません。

 みんながみんなではありませんが、「世代のギャップ」を言い出す人には、私から見るとある共通点があります。
 一つは「相手への過剰な期待」です。「これくらい言わなくてもわかるだろう」など、自分と同質の価値観や、ともすると「あうんの呼吸」を求めています。
 しかし相手とは年令差があり、確実に価値観は違います。そこで「これくらい常識」「言わなくてもわかるだろう」と考えること自体に無理があります。
 言うべきことを言わずに済ませて、その結果「通じていない」「理解していない」とイライラしています。これは世代にかかわらず、他人には自分の考えを、言葉に出して言わなければ伝わりません。
 伝える工夫や努力をしている人の場合、「なかなか伝わらない」「伝えるのが難しい」とは言いますが、それを世代のせいにはしません。他人と自分の考えは違うのが前提だからです。

 もう一つは「本人の姿勢や態度」の問題です。特に気になるのは、これを言う中高年男性は、みんなどことなく不機嫌そうに見えることです。
 このことが相手を何となく威圧していて、できれば触れたくない、最小限の話で済ませたいと思わせてしまい、その結果コミュニケーション不足が起こっています。特に男性の場合、年令を重ねると普通にしていても不機嫌に見えるそうです。

 私は同世代なので、若い人ほどには感じませんが、特に「世代のギャップ」を言う人は、顔を合わせた当初から、何だか不機嫌そうに見える人が多い気がします。話すと全然そんなことはないので、もったいないと思いますが、やっぱり若手からすれば、不機嫌そうなオジサンにあまり関わりたくないと思うのは当然です。

 さらに、若手がちょっと勇気を出して話してみても、一方的に自分の話ばかりされたり、やけに押しが強かったり、根掘り葉掘りどうでもいいことを質問されて、とても面倒だったりします。
 年長者からすれば、たぶん親密度を高めたいがゆえの雑談なのでしょうが、相手は事務的な確認だけできればよいと思っていたとしたら、そんな余計なやり取りはわずらわしいだけです。
 相手との距離感のとらえ方や、その場に応じた話題作りが適切でないのです。

 話題作りや距離感は、すぐにどうにかするのは難しいですが、それ以外のことは意識すればできます。
 「伝えるべきことは、口に出してきちんという」「いつも機嫌よくしている」の二つのことです。
 「察して動く」のは相手を深く理解しないと難しいですし、「不機嫌な人」には近寄りません。これを変えるだけで、コミュニケーションの問題は結構解決されます。

 何かにつけて「世代のギャップ」を理由にする人は、外国人に対しては「文化の違い」といい、女性に対しては「性別の違い」と言います。「うちの会社は他社とは違う」などと言い出すのも似たようなことでしょうが、「異なる価値観は受け入れない」と言っているようなものなので、たぶん変革が進められない会社です。

 もちろん若手の側にも問題はありますが、年長者の方がより経験豊富で、対応できることが多いはずです。
 「世代のギャップ」も「価値観の違い」もあって当たり前、それを埋めるのがコミュニケーションなのです。

 ※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース