ライフ RSS

 

日本に入ってきた新型コロナの感染ルート、単一ではないという遺伝子解析結果

2020年2月22日 16:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 データ解析を手がける日本バイオデータが、公開されている新型コロナウイルスのゲノムDNA配列データを解析した結果をTwitterで報告している。これによると、日本に入ってきた新型コロナウイルスの感染ルートは単一ではないことが確認されたという(同社研究者による論文)。

 ウイルスの塩基配列を元に系統樹を作成したところ、愛知県および京都府、東京都で確認されたウイルスはそれぞれ別の系統にあることが分かったそうだ。このことから、これらウイルスはそれぞれ別のルートで日本に入ってきた可能性が高いという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
丸善出版、「続・人類と感染症の歴史」の第9章「SARSとMERS」を無償公開 2020年02月17日
カブトガニはクモ綱のクツコムシ目に近い? 2019年03月06日
メダカの遺伝子汚染が拡大、原因は善意の放流か? 2017年04月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードゲノム遺伝子DNA新型コロナウイルス

広告