東京為替:ドル・円は軟調、円売り継続も米長期金利の低下を嫌気

2020年2月21日 17:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:11JST 東京為替:ドル・円は軟調、円売り継続も米長期金利の低下を嫌気

21日の東京市場でドル・円は軟調。午前中に112円19銭まで上昇した後は失速。新型ウイルスの感染拡大による日本経済への影響が懸念され、円売りがドルの下げを抑える場面もあった。ただ、米10年債利回りの低下に歯止めがかからず、ドルは夕方にかけて111円72銭まで値を下げた。

・ユーロ・円は121円03銭まで上昇後、120円62銭まで弱含んだ。
・ユーロ・ドルは1.0785ドルから1.0798ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円111円50-60銭、ユーロ・円120円40-50銭
・日経平均株価:始値23427.77円、高値23588.55円、安値23378.33円、終値23386.74円(前日比92.41円安)

【経済指標】
・日・1月全国消費者物価指数(生鮮品除く) :前年比+0.8%(予想:+0.8%、12月:+0.7%)
・日・12月全産業活動指数:前月比0.0%(予想:+0.3%、11月:+0.9%)

【要人発言】
・麻生財務相
「通貨の安定は極めて重要」
・黒田日銀総裁
「必要な時に必要な措置がとれるよう万全を期す」
「現時点では追加緩和を具体的に議論する段階ではない」
「新型ウイルスの影響を判断するのは時期尚早だが、打撃を与える可能性」
・オアNZ準備銀総裁
「早急に金利を引き下げる必要はない」
「現時点の金利水準には満足している」《TY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース