エンジニアド ガーメンツ、2020年秋冬メンズコレクション発表

2020年2月15日 10:02

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)は、2020-21年秋冬メンズコレクションを発表した。

■ジャズ奏者のマイルス・デイヴィスから着想

 今季の着想源はジャズ。ジャズ・トランぺット奏者のマイルス・デイヴィスが好んで着ていたというアイビールックからインスパイアされた。クールな佇まいのセットアップや、音符モチーフのテープを配したブルゾンなど、耳を澄ませば音楽が聞こえてくるかのごとく、雰囲気のあるウェアの数々が展開された。

■3つボタンなど多彩なジャケットが登場

 中でも象徴的なのは、身体に沿うように仕立てられたテーラードジャケット。ジャストなシルエット、長めの丈に仕立てた3つボタンのジャケットは、2つがけで着ることでオーセンティックさを崩し、クールさを演出する。

 また、ダブルのボクシーなジャケットや、ハーネスのような装飾とともに着るグレーのウールジャケットなど、豊富なバリエーションのジャケットが勢揃い。アメリカのファブリックブランド「American Woolen Company」が手がけたウール地のジャケットは、ストライプと無地のランダムな配分を楽しめる1着。生地の取り方によって柄に個体差が生まれ、異なる表情を楽しめる。

■ブラックやグレーなどダークカラー

 ブラック、グレー、ネイビーなど、深みのある色彩も今季の特徴。マットな光沢感のブラックベルベットで仕立てたセットアップには、ハイネックのカットソーをコーディネート。セットアップの重厚感にカジュアルさを加えることで、カテゴライズされない独自の雰囲気を漂わせる。

■不均一なモチーフ

 不均一なモチーフが、ダークカラーにエッジを効かせる。グレーのジレやシャツに組み合わせたのは、ランダムなパイソンプリントのジャケットとパンツ。布地の流れにパイソンモチーフが立体感を与え、ジレの波打つようなドレープとともに動きのあるコーディネートを完成させる。また、飛び跳ねたように不均一なドットをフロック加工で配したセットアップも登場する。

■無骨な質感

 生地は、しっかりとしたごわごわな質感のものが多用された。ブラックのフーディーに重ねた赤×黒のチェックジャカードのジャケットは、厚みとハリのある質感でぱりっとした佇まいを形作ってくれる。その他にも、かためのシワ感が表情豊かなリップストップ生地のロングコートや、温かみのあるベージュのコーデュロイジャケット、ボアを配したタイロッケンコートなど、無骨なムードをまとったウェアが散見された。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードエンジニアド ガーメンツ

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース