アキコアオキ、2020-21年秋冬コレクション 「男性 / 女性」の延長線上にある自由な在り方とは

2020年2月14日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アキコアオキ(AKIKOAOKI)の2020-21年秋冬コレクションが、2020年2月10日(月)に東京・表参道のワールド 北青山ビルにて発表された。

■2つの「性」が持つ可能性

 デザイナーの青木明子が今季着目したのは、「男性/女性」という2つの「性」の可能性だ。女性が「男性」の装いをしたいと思うこともあれば、その逆もまた然り。2つの「性」は似ている部分もあれば、異なる部分もある。「性」の在り方は既存の枠を越え、本来はそれぞれの延長線上で自由になれるはずだと考えた。自由な装いを提示するにあたり、今回初めてメンズモデルを起用。既成概念に縛られない、ニュートラルな在り方を提示した。

 コレクションは、陽の光が差すガラス張りのオープンな空間の中、プレゼンテーション形式で発表された。RMK(アールエムケー)が手がけた無機質なモデルのメイクや、点在する観葉植物やインテリアがコンセプチュアルなムードを漂わせる。モデルは空間の中にランダムに佇んでおり、美術鑑賞をするかのような近い距離感で世界観を表現した。

■輪郭を曖昧にする造形やレイヤード

 行き来する2つの「性」を表現するにあたり、レイヤードやフォルムによって輪郭をぼかし“曖昧さ”を投影させた。不均一にドットが広がる抽象柄のロングワンピースには、サイドをオープンにしたジレを重ね、肩にボリュームを持たせたブラウスには、繊細に広がるチュールスカートを合わせている。

 また、腰よりも少し下の位置でベージュの生地を重ねたノースリーブワンピースや、ウエストをずらすようにしてレザーの生地を巻き付け、脚にもレザーの切り替えを施した変形パンツなど、意外性のある造形や、境目を曖昧にしたレイヤードが散見された。

■古着をリメイクした1点物

 古着をリメイクして作られた1点物のショーピースも注目すべきポイントだ。青木は、新しいものを作っては消費する虚しさを感じていたが、過去の時間が蓄積した古着をクリエーションに加えることで、ある種の“健全さ”を感じたという。

 古着のトレンチコートを3、4着使って解体し再構築したコートドレスは、風合いのあるブラックレザーとベージュの生地を複雑に切り替えた1着。丸みを帯びた袖のフォルムや、背中をダイナミックに開けたカットワークが、フレキシビリティや、外から定義されないつかみどころの無さを思わせる。

■温かみのあるカラーパレット

 カラーパレットは、ベージュやアイボリーなど、温かみのある色彩がメイン。アイボリーのコーデュロイジャケットは、ざっくり開く襟やたっぷりと生地を使った袖がコンフォートなエレガンスを見せる。タイトなフィットの構築的なニットウェアや、裏仕立てのワンピースも、静かな雰囲気を放ちつつ目を引く。緩やかなベージュのロングコートは、前から見ると直線的なシルエットに見えるが、バックには複数のタックを配置。ぎゅっと布を引き寄せたような、厚みのある質感が印象的だ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード表参道アキコアオキ(AKIKOAOKI)2020年秋冬コレクション

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース