NY原油:反発で51.17ドル、欧米株高などを好感した買いが入る

2020年2月13日 07:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:45JST NY原油:反発で51.17ドル、欧米株高などを好感した買いが入る
NY原油先物3月限は反発(NYMEX原油3月限終値:51.17 ↑1.23)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は、前営業日比+1.23ドルの1バレル=51.17ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは、49.95ドル−51.73ドル。米エネルギー情報局(EIA)が12日発表した週間在庫統計によると、原油在庫は市場予想を大幅に上回る増加を記録したが、欧米株高を好感した買いが入った。新型コロナウイルスの感染者数の増加ペースは3月中に大幅に鈍化するとの思惑が浮上し、原油需要の回復が期待されたことも原油先物に対する支援材料となったようだ。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース