iOS版くら寿司アプリ、OSの設定で和暦表示選択で不具合

2020年2月6日 18:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 gf1e曰く、

 寿司チェーン店のくら寿司が提供しているスマートフォン向けアプリ「スマホdeくら」では、事前予約や事前注文といったサービスが利用できるが(過去記事)、このアプリのiOS版を使用しており、かつOSの日時表示設定で和暦表示を選択していた場合、予約日時が「4038年」や「4008年」などと表示される不具合が発生しているという(日経xTECH黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition)。

 日時表示を西暦で行うように設定している場合、この問題は発生していない。原因としては、ロケールの設定を適切に行なっていないため、年が「令和2020年」と解釈されてしまったのではないかと推測されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | プログラミング | バグ

 関連ストーリー:
くら寿司、予約や事前注文ができるスマホアプリリリース 2019年07月23日
Yahoo!ファイナンスで株価が更新されないトラブル、12月23日を誤って祝日と設定していたため 2019年12月24日
広島市、令和対応システムの運用開始時期を間違えたために2019年生まれの乳幼児を0年生まれと誤認 2019年07月10日
macOS Mojave 10.14.5やiOS 12.3で「令和」がサポートされる 2019年05月14日
新元号対応のためのシステム改修不備で水道料金検針票に印字ミス 2019年04月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOS

広告

財経アクセスランキング