アクネ ストゥディオズ、2020年秋冬ウィメンズコレクション発表

2020年1月23日 08:17

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)の2020-21年秋冬ウィメンズコレクションが、2020年1月19日(日)に発表された。メンズとの合同ショーであるが、会場には大きな仕切りがあり、2つのゾーンに分断。片方ではメンズの、もう片方ではウィメンズのランウェイショーが行われ、観客はどちらか一つのショーしか見ることはできない。


■両極端のものが溶け込む世界

 最新ウィメンズコレクションは、相反する要素を共存させることで両者の違いを強調させる。特に、フォルムの違いは明確で、オーバーサイズとタイトフィットが比較された。

 肌着のようなフィット感のシースルードレスが登場したかと思うと、ドロップドショルダーのジャケットが現れ、さらにボディラインを露わにしたニットワンピースが続く。比べて鑑賞できるので、観客には互いのよさがダイレクトに感じられるだろう。


 オーバーサイズシリーズは“極端”ともいえるほど、大きなアームラインが特徴的だった。特にジャケットは、くしゅくしゅとルーズソックスのようにたゆませたものや、紳士服から取ってきたかのような大ぶりなアームがあしらわれ、そのいびつさな違和感が“おもちゃのような可愛らしさ”を感じさせる。


 反して、タイトフィットなシリーズは、ボディコンシャスなドレスが多く、首回りをスクエア型にカットアウトしたり、背中や腰の辺りに穴を開けたり、大胆なスリットを施したりして、女性の曲線美にフォーカスした色気のあるデザインが多かった。


 テキスタイルでも、インテリアファブリックのように重厚感のある総柄地や、光沢のあるベルベットなど、ずっしりとしたタイプと、肌色を透かせてみえるシースルータイプの2種類が共存。


■裾広がりパンツ&ユニークアクセがポイント

 スタイリングでは、足首位置からふわっと広げたレギンスのようなタイトパンツが多用され、スカートやワンピースなどさまざまなピースでレイヤードされている。

 アクセサリーは、思わず笑ってしまうようなアイロニカルなデザインが豊富。前方の底に“踏んでしまったような何か”がついたピンヒールや、かかとにフェザーがあしらわれたフラットシューズなどを展開。また、パールを散りばめたタイツやグローブ、ジャケットのラペルに飾るアクセサリー、ビッグサイズのトートバッグなどが新作として登場している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアクネ ストゥディオズ2020年秋冬コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース