野村不動産、都市型商業施設の新ブランド「ミーフル」を全国展開へ

2020年1月22日 07:03

小

中

大

印刷

MEFULL茶屋町(左)とMEFULL浦和のイメージ(野村不動産発表資料より)

MEFULL茶屋町(左)とMEFULL浦和のイメージ(野村不動産発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 野村不動産はサービスに特化した都市型商業施設の新ブランド「MEFULL(ミーフル)」を全国展開する。第1号店はJR大阪駅や阪急電鉄の大阪梅田駅に近い大阪市北区茶屋町に、「ミーフル茶屋町」として3月に開業する予定。

【こちらも】野村不動産、地域密着型商業施設の新ブランド「ソコラ」展開 1号店は稲城に

 野村不動産は都市型商業施設として飲食に特化した「ジェムズ」を全国に15棟展開しているが、ミーフルは健康や学び、暮らしなどのサービス業を集めたサービス特化型とする。1カ所で多様なサービスを受けられようにして効率的なライフスタイルの実現を目指すとともに、周辺の雑多な施設との差別化を外観や内装で実現させる。

 第1号店のミーフル茶屋町は大阪市のビジネスの中心街である梅田地区にあり、大学のサテライトキャンパスや美容系専門学校、若者向けの商業施設が集結する茶屋町に設ける。敷地面積は約330平方メートルで、鉄骨地下1階地上8階建て延べ約1,600平方メートルの施設となる。

 感度の高い20代から40代の女性をメーンターゲットととらえ、フィットネスクラブや美容室、矯正・審美歯科医院、眼科診療所、美容外科クリニック、バーなど8店舗が入る。入居店舗は3月から順次開業し、4月16日にグランドオープンを予定している。

 今後はさいたま市に「ミーフル浦和」、東京都世田谷区に「ミーフル千歳烏山」、神奈川県藤沢市に「ミーフル藤沢」が開業する予定。いずれも女性や子どもが安心して利用できる清潔で品格ある施設づくりを目指している。

 施設内の電力は再生可能エネルギー由来で二酸化炭素排出量を実質ゼロとしたものを利用し、省エネビルの認証であるBELSやDBJグリーンビルディングの取得を目指す。テナント同士の交流によるコラボレーションサービスの実現も計画している。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワード省エネ野村不動産

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース