SiM主催の野外音楽フェス「デッド ポップ フェスティバル 2020」川崎・東扇島東公園で

2020年1月21日 07:46

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 レゲエパンクバンド・SiM(シム)が主催する野外フェス「デッド ポップ フェスティバル 2020(DEAD POP FESTiVAL)」が、2020年6月27日(土)・28日(日)の2日間、神奈川・川崎の東扇島東公園で開催される。

 「デッド ポップ フェスティバル」は、“壁を壊す”をテーマに掲げる音楽フェス。今回で11回目の開催、野外フェスになってからは6年目の開催となる。

 野外フェス化以降、毎年動員数20,000人を記録。チケット完売の人気イベントとなっている。出演ラインナップは今後順次発表される予定だ。

 なお、チケット最速先行予約受付は1月17日(金)17:00から開始している。

【詳細】
デッド ポップ フェスティバル 2020
開催日:2020年6月27日(土)・28日(日)
開催時間:開場 9:00、開演11:30(20:30終演予定)
会場:東扇島東公園
住所:神奈川県川崎市川崎区東扇島58-1

 <チケット最速先行予約>
予約受付期間:1月17日(金)17:00~2月2日(日)23:59
価格:1日券 各日8,500円、2日通し券 15,800円、2日通し券(セーフティゾーン券) 17,000円
※※小学生以上有料、未就学児童は保護者同伴の場合無料。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード神奈川県

広告