Alphabetの時価総額、1兆ドルを超える

2020年1月20日 13:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleの親会社Alphabetの時価総額が16日、初めて1兆ドルを超えた。17日終値ベースの時価総額は1兆210億ドル(The Guardianの記事The Vergeの記事CNBCの記事Forbesの記事)。

米企業で時価総額が1兆ドルを超えるのはAlphabetが4社目。2018年8月に米企業として初めて1兆ドルを超えAppleの時価総額は同年11月以降1兆ドルを割り込んでいたが、2019年10月以降は再び1兆ドルを超え、17日終値ベースの時価総額は1兆3,970億ドルとなっている。2018年9月4日に一時的1兆ドルを超えAmazonの時価総額は同日終値で1兆ドルを割り、以降一度も1兆ドルを超えていない。17日終値ベースの時価総額は9,245億ドル。ただし、12か月以内に再び1兆ドルを超えるとの予想も出ている。Microsoftの時価総額2019年4月25日に一時1兆ドルを超え6月には終値ベースでも1兆ドルを超えた。以降は上昇を続けており、17日終値ベースの時価総額は1兆2,750億ドルとなっている。

米企業以外では中国のPetroChina(中国石油天然気)が2007年、一時的に1兆ドルを超えている。現在最も時価総額の高い企業はサウジアラビアのSaudi Aramcoであり、2019年12月にIPOを実施した直後には2兆ドルを超えていた。現在も1兆8,000億ドル(6兆9,000億リヤル)前後で推移しているようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | Google | IT | お金

 関連ストーリー:
サティア・ナデラ、Fortuneの2019年を代表するビジネスパーソンに選ばれる 2019年11月30日
Microsoftが時価総額でAppleを上回り、世界で最も価値ある企業になったとの誤情報が出回る(追記: 26日には実際に一時上回る) 2018年11月27日
Amazonの時価総額、1兆ドルに到達 2018年09月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国GoogleAppleサウジアラビアAmazonMicrosoft

広告

財経アクセスランキング