あべのハルカス近鉄本店「ユーロチョコレート」イタリアチョコレート100種以上集結

2020年1月20日 13:07

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 チョコレートの祭典「ユーロチョコレート イン 大阪 2020(Eurochocolate in Osaka 2020)」が、あべのハルカス近鉄本店にて2020年1月30日(木)から2月14日(金)まで開催される。

■イタリアのチョコレートの祭典「ユーロチョコレート」

 「ユーロチョコレート」は、イタリアのペルージャで毎年秋に開催されるヨーロッパ最大級のチョコレートの祭典。会期中は、世界中から現地に約80万人が訪れ、旧市街の広場とメインストリートを埋め尽くすほどのブースが並ぶ。チョコレートを使用したワークショップも開催される予定だ。

 全国百貨店に先駆けてあべのハルカス近鉄本店で開催される「ユーロチョコレート イン 大阪 2020」では、日本未入荷のチョコレートを含む100種類以上のイタリアチョコレートが集結。「量り売りチョコレート」や海外ならではのユニークなパッケージのチョコレートなど、多彩なチョコレートが勢揃いする。

■量り売りチョコレート

 好きなチョコレートを好きな分だけ購入できる「量り売りチョコレート」として、“美味しくて体にいいチョコレート”を追求したブランド・ビー ウェルのチョコレートが登場。ブルーベリーやストロベリーなど4種類の味を揃える。サクサク食感のライスチップスをトッピングした、ドルチェ ヴィータのパフチョコチップスにも注目だ。

■日本初登場チョコレート

 日本初登場のチョコレートも見逃せない。ダックスフントのシルエットがアイキャッチなパッケージの、スタイナーのチョコレートには、レモンやピスタチオなどイタリアの名産品を使用したプラリネが用いられている。野花をトッピングしたボエッラ&ソッリージのチョコバーは見た目にも華やかな1品。花の香りとチョコレートの調和を楽しめる。

 さらに、カカオバターを使用せず、カカオと砂糖、香辛料だけで作る、古代アステカ帝国時代から伝わる伝統の製法を用いたドン プリージやナクレの「モディカチョコレート」も日本初登場。個性豊かなラインナップが揃う。

■ホットチョコレートやソフトクリームなど会場限定スイーツ

 また、会場限定スイーツも提供。イタリア産チョコレートを使用した贅沢なホットチョコレートや、チョコレートミルから削り出したふわふわのチョコをトッピングしたチョコレートミルソフトクリームなど、日本のスイーツとは一味違うスイーツを楽しめる。

 尚、あべのハルカス近鉄本店では2020年1月18日(土)から2月14日(金)までバレンタインフェア「ショコラ コレクション 2020」も開催。チョコレート好きの人はもちろんのこと、バレンタインシーズンに向けて合わせてチェックしておきたいイベントだ。

【詳細】
あべのハルカス近鉄本店「ユーロチョコレート イン 大阪 2020」
開催期間:2020年1月30日(木)~2月14日(金)
時間:10:00~20:00 ※2月5日(水)、最終日は19:00閉場
場所:ウイング館4階 第2催会場
取り扱いブランド数:12ブランド
商品例:
・ビー ウェル「ブルーベリー・ストロベリー・ヘーゼルナッツダーク・ヘーゼルナッツミルク」 1グラム当り 12円 ※50グラムから販売
・スタイナー「ダックスフント BOX」 1箱(6粒入) 各2,800円
・ドン プリージ「モディカチョコ オレンジ&シナモン」 1枚 900円
・ボエッラ&ソッリージ「ワイルドフラワー入りダークチョコバー」「バラ入りホワイトチョコバー」 各1枚 各1,300円
・コストゥルットーリ ディ ドルチェッツェ「チョコレートミルソフトクリーム」1個 550円

■ワークショップ

・チョコレートでハリネズミを作ろう!
開催日時:2020年2月1日(土)・2日(日) 各日 12:00~、15:00~
参加費:1,300円 ※小学生以下 800円
定員:各回16名
・オリジナルのモディカチョコを作ろう!
開催日時:2020年2月7日(金)・8日(土)、9日(日) 各日 12:00~、15:00~
参加費:2,000円
定員:各回16名

※価格はすべて税込。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードチョコレートバレンタインあべのハルカス近鉄本店

関連記事

広告