チョコの祭典「バレンタインチョコレート博覧会2020」大阪・阪急うめだ本店で

2020年1月18日 17:12

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 日本最大級のチョコレートの祭典「バレンタインチョコレート博覧会2020」が、2020年1月22日(水)から2月14日(金)までの期間、大阪・阪急うめだ本店各フロアで開催される。

■圧巻のスケール!総勢約300ブランド&約3,000種類のチョコが集結

 2019年開催時に総売り上げ約24億円という売り上げを記録した「バレンタインチョコレート博覧会」が2020年も開催。今回は、総勢約300ブランド、約3,000種類という圧巻のスケールでバレンタインチョコレートを取り揃える。

■“ボタニカル”に注目した新企画「~ハーブ&フラワー~ ボタニカルチョコ」

 会場での注目企画となるのが、“ボタニカル”をテーマにした「~ハーブ&フラワー~ ボタニカルチョコ」。専用ブースには、ハーブや花など植物由来のフレーバーや花の形のチョコレートなど、会場限定のコラボレーションチョコを中心に自然派志向の“ボタニカルチョコレート”を集めた。

■アサオカローズ×モロゾフ「ローズトリュフ」

 長野・八ヶ岳で育ったバラの花弁から水蒸気で抽出した「ローズウォーター」を製造する「アサオカローズ」とモロゾフ(morozoff)のコラボレーションチョコレートが登場。ローズウォーターの芳しい香りを楽しめるピンクのローズシャンパントリュフと、グリーンティーのスイートチョコレートのトリュフの詰め合わせを用意した。

■アサオカローズ×ぎんざ空也 空いろ「ジャポニカル」

 また、「アサオカローズ」は、銀座の和菓子専門店「ぎんざ空也 空いろ」ともコラボレーション。ローズウォーターを使ったホワイトチョコレート餡を詰めた、レモングラス、山椒、ベニバナ、よもぎの4種類の最中「ジャポニカル(Japonical)」を作り上げた。


■シモタファーム×メリーチョコレート「ハーブトリュフチョコレート」

 茨城県のハーブ園「シモタファーム」とメリーチョコレートの共作となるのが、「ハーブトリュフチョコレート」。牛乳で煮出すことで香りを抽出した、清涼感のあるスペアミントをガーナ産カカオマスと合わせてくちどけの良いガナッシュチョコレートに仕上げた。

■「ワールドチョコレートライブラリー」ボンボンショコラを特集

 「ワールドチョコレートライブラリー」のブースでは、ボンボンショコラを特集。チョコレートの中に生チョコレートが入ったガナッシュや、キャラメリゼしたナッツを使うプラリネ、ウイスキーのようなお酒などフィリングが入ったものなど様々なボンボンショコラが勢揃いする。

 名を連ねるのは、ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT)、ル ショコラ ドゥ アッシュ(LE CHOCOLAT DE H)、ルノートル(LENOTRE)といった錚々たるショコラトリーたち。世界トップクラスのショコラティエが作るバラエティ豊かなボンボンショコラを食べ比べることが可能だ。

■「ジャパンクリエーションチョコ」6人の日本人ショコラティエにフォーカス

 独創的なチョコレートで世界から注目される日本人ショコラティエにフォーカスするブース「ジャパンクリーションチョコ」。パティシエ エス コヤマ(PATISSIER eS KOYAMA)の小山進、クラブハリエ(CLUB HARIE)の山本隆夫、ショコラティエ パレ ド オール(CHOCOLATIER PALET D'ORCHOCOLATIER PALET D'OR)の三枝俊介といった6人の日本人ショコラティエが出店する。


■チョコスイーツが大集合!「チョコフードホール」

 さらに、チョコレートを使ったスイーツが大集合する「チョコフードホール」も実施。11ブランド17フレーバーが登場するソフトクリームをはじめ、カヌレやクレープ、ショコラフルーツサンドなどのスイーツや、カカオの香りを堪能できるホットチョコドリンクなど充実のラインナップを揃える。

■「チョコ菓子マーケット」や「チョコスイーツパーク」も

 その他、“感謝チョコ”や“友チョコ”に最適なユニークなチョコレートを取り揃えた「チョコ菓子マーケット」や、阪急うめだ常設店舗と期間限定ショップの新作チョコレートを集めた「チョコスイーツパーク」も実施。出品するチョコレートのクオリティからバリエーションまで、日本最高レベルのチョコレートイベントにぜひ足を運んでみて。

【詳細】
バレンタインチョコレート博覧会2020
開催期間:2020年1月22日(水)~2月14日(金)
会場:阪急うめだ本店 9階催事場、祝祭広場、阪急うめだギャラリー、アートステージ、阪急うめだホール、地階食品売場

<各企画会場>
「~ハーブ&フラワー~ ボタニカルチョコ」9階 アートステージ
「ワールドチョコレートライブラリー」9階 阪急うめだギャラリー
「ジャパンクリエーションチョコ」9階 祝祭会場
「カカオワールド」「~フルーツ&ナッツ~チョコ果実園」「チョコフードホール」9階 催事場
「チョコ菓子マーケット」9階 阪急うめだホール
「チョコスイーツパーク」地下1階、地下2階食品売場

<商品価格例>
アサオカローズ×モロゾフ「ローズトリュフ」6個入 1,080円
アサオカローズ×ぎんざ空也 空いろ「ジャポニカル」1瓶2袋入 1,801円
シモタファーム×メリーチョコレート「ハーブトリュフチョコレート(スペアミント・ローズマリー)」各2個入 各756円
ラ・メゾン・デュ・ショコラ「パリ ジュテーム」9個入 3,150円
ルノトール「プラリネ・ガナッシュアソート」8個入 3,564円
ル ショコラ ドゥ アッシュ「カカオ フルール」4個入 1,901円
ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ「テオブロマ20周年ボックス」6個入 2,376円
カ カ オ「アロマ生チョコ MUSCUT、KYOHOU」各16個入 各2,592円
ル・フルーヴ「2020阪急限定ボックスシャーロット」4個入 1,944円
※価格はすべて税込み。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションチョコレート阪急百貨店うめだ本店バレンタイン

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース