ジョルジオ アルマーニ、2020-21年秋冬メンズコレクション発表

2020年1月17日 08:26

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)の2020-21年秋冬メンズコレクションが、2020年1月13日(月)イタリア・ミラノで発表された。

■楽しく気軽に楽しめるテーラード

 クラシックへの回帰というムーブメントが起きているいま。“正統派”のテーラーリングを発信し続けてきたジョルジオ アルマーニが提案するのは、トラディショナルを愛するファッション愛好家も、流行を好む若者も、どちらも新しい気持ちで楽しめる新感覚のテーラードだ。

 ジャケットは、ジャケット特有の気品は保ちながらも、カーディガンやネルシャツのように羽織れる気軽さがある。シングル・ダブルブレストどちらのジャケットも、フォーマルな表情を描きつつも、薄手ニットのような柔らかな肌触りで心地よい着心地を与えている。


 合わせたトラウザーは、裾をきゅっと絞って2重ラインのアクセントをプラスした斬新なデザイン。しかし、レッグラインをきれいに見せてくれる美しい落ち感があるので、スマートにブーツインできる機能性と、パテントレザーのシューズともパートナーになれる気品を合わせ持っている。

■スーツ×厚手アウターの心地よいコーディネート

 肌に寄り添うリラックステーラードスタイルならば、厚手のアウターも心地よく纏える。従来のテーラードのような“かっちり”とした堅さがそぎ落とされているので、アストラカンのような厚手ロングコートやムートンコートなど、ボリュームアウターともうまくマッチする。


■総柄&ディテールでジャケットスタイルを遊ぶ

 カーキやサンド、ブラウンなど落ち着きのあるナチュラルカラーでトータルコーディネート。だからこそ映えるのが、細かな遊び心だ。ジャケットのラペルの大きさを左右で変えてファーを差し込んだり、ジャケットはシングルなのに中のベストはダブルブレストにしたり、表地と裏地を変えたり…ファッション好きにはたまらない細かな遊びが随所に散りばめられている。

 リズミカルなパターンも印象的。モダンなドット柄やペイズリー柄などがピックアップされ、ブルーやレッドのアクセントカラーを味方につけてシャツやベストにあしらわれていた。青い光を内包したような優美な光沢を放つブラックベルベットのジャケットに、総柄インナーを差し込むと、フォーマルから離れ一気にモダンでモードな印象に。


 また、新しい紳士服のラインナップとして、ボリュームネックのタートルネックニットと手ぶらで外出できる機能的なバッグを提案。タートルネックは、光沢ベルベットのダブルブレストジャケットに仕込んで、楽し気なフォーマルスタイルを先陣を切って発信。バッグは、ショルダー、ウエストポーチ、ネックレス風のアクセサリーなど、バリエーション豊富で、コートの上から身に着けたり、アレンジ次第でさまざまなコーディネートが出来そうだった。

 ショーのオープニングでは、イタリア語で雪を意味する「NEVE」と評されたアイテム群が披露されていた。雪からのインスピレーションなのか、スノーボードを持ったモデルも登場して、雪国でも温かくファッションを楽しめそうなダウンジャケットなどが展開されていた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)ミラノ2020年秋冬コレクション