欧州議会、再び携帯電話の充電端子統一を議論

2020年1月16日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 欧州議会が携帯電話の充電端子統一に関する議論を再び始めたそうだ(ニュースリリースMac Rumors)。

 欧州委員会は2009年に携帯電話メーカー14社と了解覚書(MoU)を交わして2011年1月からMicro-USBに統一することを目指していたが、AppleがLightning端子を採用し、AndroidスマートフォンではハイエンドモデルでUSB Type-C採用が増加するなど統一には程遠い状態だ。

 2018年に欧州委員会は充電端子統一に向けた調査を再開しているが、欧州議会は欧州委員会の業界に「推奨」するアプローチでは議員の目標を達成できず、異なる業界間での自主的な合意は望ましい結果を生んでいないと考えているという。議員からは携帯電話だけでなく、タブレットや電子書籍リーダー、そのほかのモバイル機器でも共通の充電器が使用できるべきとの意見が出ているとのことだ。強制的な統一も視野に入れているようだが、うまくいくだろうか。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ハードウェア | EU | 電力 | スラッシュバック

 関連ストーリー:
欧州委員会、携帯電話の充電端子統一に再挑戦 2018年08月10日
Apple、欧州委員会との約束を軽視? 2012年09月17日
携帯電話の充電器、統一へ 2009年07月02日
EU、スマホの充電端子のMicroUSBへの統一へ「指令」を出す 2014年03月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidApple電子書籍欧州委員会USB Type-C

広告