秋葉原のジャンク店に「Xeonキャッチャー」が設置される

2020年1月14日 21:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 秋葉原・東京ラジオデパート地下1階のジャンク販売店「秋葉原最終処分場。」に、Xeon CPUのジャンク品が景品として提供される「XEONキャッチャー」なる遊具が設置されたそうだ(AKIBA PC Hotline!Twitterでの告知)。

 いわゆる「UFOキャチャー」内に景品としてXeonを入れたもので、1プレイ100円。入っているXeonは複数種類があるようだが、ジャンク品とのことで動作保証はないという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Intel | 変なモノ

 関連ストーリー:
「次世代Xeonスケーラブルプロセッサ」発表 2019年04月03日
Intel、FPGAを統合したXeonプロセッサの出荷を開始 2018年05月21日
Intel、古いプロセッサーでのSpectre 2対策をあきらめる 2018年04月07日
「秋葉原最終処分場」と自称するジャンク店、秋葉原で2月9日オープン予定 2019年02月05日
FM音源チップが手に入るガチャガチャ「FM音源伝説」 2013年09月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード秋葉原

広告