欧州為替:ドル・円は下げ渋り、米中通商合意への期待が円買い抑制

2020年1月14日 18:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:14JST 欧州為替:ドル・円は下げ渋り、米中通商合意への期待が円買い抑制


欧州市場でドル・円は一時109円80銭台に軟化したが、足元は110円付近に戻す展開。欧州株や米株式先物の軟調地合いで、短期的に株安を嫌気した円買いへ振れた。ただ、米中貿易交渉の第1段階の合意署名が15日にも行われる見通しで、その期待感が円買いを抑制しているようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円88銭から110円02銭、ユーロ・円は122円38銭から122円57銭、ユーロ・ドルは1.1131ドルから1.1144ドル。《TY》

広告

財経アクセスランキング