ニコニコ動画、ラウドネスノーマライゼーションを導入

2020年1月10日 17:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ニコニコ動画が、動画の音量を自動的に調整する機能を導入すると発表した

 動画の音量を分析し、一定基準を超える場合は動画全体の音量を引き下げるという。基準以下の場合は調整を行わないため、結果としてニコニコ動画で公開されている動画の音量の上限が一定以下になることになる。音量を下げる場合、基準値以上の部分のみを下げる訳ではなく、動画全体に対し均等に音量を下げることになるという。また、動画広告などの音量についても合わせて調整するとのこと。

 なお、基準となるラウドネス値は「-15LKFS/LUFS(Integrated Loudness)」になるとのこと。これについて、YouTube、Spotify、Apple Musicといった配信サービスとは基準が異なることについても指摘されている(はてなブックマークコメント)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT | 音楽

 関連ストーリー:
民放各社、10月1日より「ラウドネス」の運用開始 2012年09月04日
DxOMark、スマートフォンレビューにオーディオテストを追加 2019年10月16日
ソニー製コンポCMT-SX7に「聴こえない高周波が大音量で流れる」不具合 2015年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleSpotifyApple MusicYouTubeニコニコ動画

広告