フレッツ光、10Gbpsオプションを東京の一部で開始へ 4月より

2020年1月9日 07:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 NTT東日本が東京23区の一部で最大通信速度10Gbpsのフレッツ光サービスを4月より提供開始するという(日経xTECH)。

 フレッツ光契約者だけでなく、いわゆる「光コラボ」の形式でも提供される予定だそうだ。料金は既存のほか事業者が提供する10Gbpsサービスと同水準になるという。

 とはいえ、フレッツ光と言えば終端装置での輻輳がかねてから問題となっており、同じ仕組みでは10Gbps回線となっても期待ほどの通信速度が出ない可能性もある。どう対応するのだろうか。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ネットワーク | NTT | インターネット

 関連ストーリー:
「2019年度ブロードバンドサービスの市場動向調査結果」発表、2Gbps以上の固定回線を利用したい人は9.7% 2019年09月03日
日本の光インターネット速度はOEDC36か国中23位の遅さ(日経新聞調べ) 2019年02月19日
NTT東西、フレッツ光提供エリアでのフレッツ・ADSLおよびISDN提供を2023年に終了 2017年12月04日
固定回線においても従量制や速度制限などの導入が今後増えていく? 2017年11月13日
NGN網のオープン化に対する意見、NTTへの不満が集まる 2017年02月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコラボレーションNTT東日本

広告