誹謗中傷者に勝訴、Twitterに固定表示で紹介 劇的にネット中傷が減少

2020年1月8日 18:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Twitterでの誹謗中傷を受けたことから、損害賠償を求めその相手を提訴し勝訴したサイエンスライターの片瀬久美子氏が、その経緯や結果をnoteにまとめている

 これによると、中傷を行った相手には総額263万8000円の慰謝料支払いが命じられたが、相手はその後一銭も支払っておらず、また裁判所は相手に謝罪文の交付も命じ、さらに謝罪文を交付するまで1日あたり1万円のペナルティも課したものの、こちらも実行されていないという。なお、誹謗中傷をしてきた相手は60歳代の男性とのことで、片瀬氏は『最近のネット利用者は若者よりも中高年齢層の人達のマナーの悪さが目立っています。高齢者にも「ネットマナー」教育が必要だと思います』と記している。

 また、賠償金は支払われていないものの、『高額の賠償金を命じた判決内容を紹介したツイートを私の固定ツイートにしたところ、これが「護符」のような効果があって、私に対する中傷投稿が全般的にぐんと減りました』とも語っている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 法廷 | Twitter | ニュース | インターネット | SNS

 関連ストーリー:
大阪地裁、「リツイートは投稿に賛同する表現行為」と判断 2019年09月13日
まとめサイト「保守速報」での名誉毀損、最高裁も「まとめ」で名誉毀損の成立を認める 2018年12月14日
EM研究機構が刑事告訴したEM菌批判者、嫌疑不十分で不起訴に 2018年04月11日
東名高速の追突事故に関するデマを流した複数の人物に対し名誉棄損の疑いで家宅捜索が行われる 2017年12月24日
Yahoo!ニュースのコメント欄、品質向上のためより厳しい対応へ 2015年09月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter高齢者裁判

広告

広告

写真で見るニュース

  • 純正パーツを装着したホンダ・S2000(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース