「Gatebox」初代限定生産モデル、サービス終了 後継は初音ミクを召喚不可

2019年12月13日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 半透過スクリーンを使ってホログラムのようにキャラクターを立体的に投影し、そのキャラクターとコミュニケーションが取れるというデバイス「Gatebox」の初代モデルについて、2020年3月でサービスが終了する。後継モデルと無償交換されるが、会話内容などの引き継ぎができないほか、後継モデルでは「初音ミク」の召喚(表示)機能が現状では実装されていない(ITmedia)。

 サービスが継続する現行モデルと無償交換できるのでハードウェア的には問題ないとは思うが、データの引き継ぎができないのは残念かも、と思ったが、初音ミクを召喚する機能がないのは確かに文句が出るなあと思いました。初音ミクを出せないのはライセンス的な問題的なやつなのだろうか。

 #そもそも初音ミク召喚機能は初期にはなくてアップデートで対応したものだけど

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ハードウェア | IT | ロボット

 関連ストーリー:
ホログラム風にキャラクターを表示できるスマートデバイス新モデル、10月に出荷開始 2018年08月03日
半透過スクリーンを使って立体的に表示される「バーチャルホームロボット』発売へ 2016年12月15日
「好きなキャラクターと暮らせる」というホログラムロボ、製品化へ 2016年01月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード初音ミク

関連記事

広告

財経アクセスランキング