日産、「Nissan GT-R50 by Italdesign」市販モデル 2020年後半より納車開始

2019年12月10日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

イパフォーマンスカーを少量生産でテーラーメイドするイタルデザインによる「Nissan GT-R50 by Italdesign」、世界50台限定

イパフォーマンスカーを少量生産でテーラーメイドするイタルデザインによる「Nissan GT-R50 by Italdesign」、世界50台限定[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は、イタルデザインと共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」の限定市販モデル、その納車を2020年後半から開始すると発表した。

 「Nissan GT-R50 by Italdesign」の限定市販モデルは、来年3月に開催されるジュネーブ国際モーターショーのイタルデザインのブースに展示される予定。また、日本でも同車のプロトタイプが12月8日に開催される「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2019」に展示され、その後は銀座にある「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」で、来年1月には東京オートサロンでも展示される予定だ。

 「Nissan GT-R50 by Italdesign」の市販モデルには世界中のGT-Rファンから非常に強い関心が寄せられており、既に予約されたユーザーは自身の好みにあわせた仕様の選定を開始している。

 市販モデルは50台が限定生産され、予約枠は残り僅かとなっている。「Nissan GT-R50 by Italdesign」の日本での販売は、VTホールディングスのグループ会社であるエスシーアイ株式会社を通じて実施する。エスシーアイは、日本における同車の輸入および販売を行う正規ディーラーです。

 日産のスポーツカー担当プログラム・ダイレクターのボブ・レイシュリーは、「ハイパフォーマンスカーを少量生産でテーラーメイドするイタルデザインとの本プロジェクトが提供するパーソナライズされた素晴らしい体験をユーザーは満喫しています。『Nissan GT-R50 by Italdesign』は、一台一台がそれぞれ最高傑作になることでしょう」と語った。

「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年を記念して共同開発したモデルで、最新のGT-R NISMOをベースとし、ニスモで組み立てられた最高出力720psを発生する3.8リッターのV型6気筒VR38DETT型エンジンを搭載する。同モデルは、各市場における認可手続きを経た後、2020年後半から2021年末に納車される予定だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
国産Bセグメントに新型続々、先制したトヨタ・ヤリス、迎え撃つホンダ・フィット
10月25日開幕の「第46回東京モーターショー2019」、各社出展概要 その2
日産、軽自動車規格のなかで結実させる新型EVコンセプト「ニッサンIMk」公開

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日産自動車GT-RNISMOイタルデザイン

広告

広告

写真で見るニュース

  • レーシングマシン走行(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース