13インチMacBook Proで電源が切れる問題、Appleが対処法を公開

2019年12月6日 19:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Appleは3日、2019年モデルの13インチMacBook Proでバッテリー残量があってもランダムに電源が切れる問題の対処法を公開した(AppleのサポートドキュメントMashable9to5MacMac Rumors)。

 問題が発生しているのは7月に発売されたThunderbolt 3ポートを2つ搭載するモデルのみで、4つ搭載するモデルでは発生しないようだ。対処法としては、まずバッテリー残量が90%以上の場合は90%未満になるまで使用してから電源アダプターを接続し、すべてのアプリケーションを終了する。あとはカバーを閉じてスリープモードにし、最低8時間充電してからmacOSを最新版に更新するというものだ。

 macOSを最新版に更新しても問題が解消しない場合はAppleへ連絡するようにとのこと。なお、同モデルはキーボード修理プログラムの対象にもなっている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 電力 | MacOSX | バグ | ノートPC | アップル

 関連ストーリー:
Apple、iPhone XR/XS/XS Maxでサードパーティーの修理業者が交換したバッテリーの健康状態表示をブロック 2019年08月11日
Apple T2チップを搭載したMac、サードパーティー修理業者や個人での修理が困難になる可能性 2018年10月08日
ノートPCのバッテリー残量、電源を切った状態でどれぐらい減る? 2018年01月19日
Apple、MacBook Proで苦情の多く出ていた不正確なバッテリー残り時間表示機能を削除 2016年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleMacMacBook Pro

関連記事

広告