Valve、Steam Controller終了へ

2019年12月1日 23:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Valveがゲームコントローラー「Steam Controller」の生産を終了するそうだ(The Vergeの記事BetaNewsの記事VentureBeatの記事)。

2013年に発表されたSteam Controllerはデュアルトラックパッドを搭載するSteam専用のゲームコントローラーだ。スラドで当時話題になったプロトタイプはタッチスクリーンを搭載していたが、製品版は非搭載となっている。Steam Controllerとともに発表された専用ハードウェア「Steam Machines」は既になく、専用OS「SteamOS」がSteamのOSランキングに入ったことはない

現在、米国のSteamストアではSteam Controllerが90%引きの5ドルで販売されており、The Vergeの記事によると送料の方が高いそうだ。キャリングケースやスキンといったアクセサリーも90%引きで販売されている。

スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | スラッシュバック | ゲーム

 関連ストーリー:
「Steam Machine」終了か?Webサイトからリンクが消える 2018年04月03日
公開から4年、SteamOSの先行きは? 2017年12月16日
SteamのLinux向けゲームタイトルが1,500本に到達 2015年09月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。