AIがセンター試験の英語で高得点をマーク NTTと国立情報学研究所が開発

2019年11月22日 09:04

小

中

大

印刷

センター英語本試験の成績変化(NTT発表資料より)

センター英語本試験の成績変化(NTT発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 NTT(東京都千代田区)は18日、NTTコミュニケーション科学基礎研究所が開発したAI(人工知能)により、2019年センター試験の英語試験において、185点(偏差値64.1)という高い得点を獲得したと発表した。この取り組みは、国立情報学研究所の人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」の一環として行われ、最新の深層学習技術を適用した成績に対し、30点以上(偏差値約7相当)改善したという。

【こちらも】Googleがオープンソースで公開したAI技術「BERT」 読解力は人間上回る?

 「ロボットは東大に入れるか」プロジェクト、略して「東ロボ君」は、2021年度の東京大学合格を目指して2011年から始まった人工知能開発プロジェクトだ。15年6月の模擬試験で偏差値57.8をマークするも、東大合格に必要な読解力が不足しており、現状の技術ではこれ以上の成績向上は望めないとして16年11月に合格を断念したことが発表されていた。

 文章を理解するAI開発には、自然言語処理能力の向上が欠かせないが、近年深層学習による自然言語処理技術が急速に進展している。今回の英語試験では、その最新技術であるXLNetや、Googleが開発したBERTが使われている。XLNetは大規模テキストによる事前学習を行ったベースモデルをもとに、異なる種類の問題を比較的少量のデータから効率的に解くことができる。だが、学習に利用できるデータが不足している問題や、解答に辞書的な情報が不可欠な問題では、回答の精度が落ちることが課題となっていた。

 「東ロボ」英語チームでは、XLNetが苦手とする不要文除去・段落タイトル付与・発音問題において、独自技術を適用することにより、200満点中185点を獲得することができたという。また、同じ技術を過去3年間のセンター本試験と追試験に適用し、安定して偏差値60以上という結果を得ることができた。

 今回の成果を踏まえ、NTTでは今後、東ロボプロジェクトを通じて文脈理解や、常識・専門知識の両方に基づいた対話や質問応答を実現し、さまざまなサービスに展開していきたいとしている。(記事:Kei_T・記事一覧を見る

関連キーワード東京大学人工知能(AI)NTT国立情報学研究所

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース