Apple、定額制サービスを複数組み合わせたサービスの提供を検討中か

2019年11月19日 09:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Appleはこれまで、雑誌・ニュース読み放題のApple News+、動画配信のApple TV+、そして音楽配信のApple Musicといった定額制サービスを提供しているが、この3つをバンドルしたサービスを2020年に開始するとの報道が出ているようだ。単純にこの3サービスを家族で契約した場合の現在の料金は約30ドル。

 Bloomberg報道によると、Apple News+に参加している出版社に、ほかの有料デジタルサービスとのバンドルを認めるよう求めたことから判明したようだ。背景にはApple News+が伸び悩んでいる事情がある。ただし、Apple News+をほかのサービスとバンドルした場合、ニュースサービスに当てられるコストが削減される可能性が高いため、出版社の収入が少なくなる見通しとのこと(Engadget日本版iPhone ManiaブルームバーグSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | アップル | IT | 音楽

 関連ストーリー:
Apple、電子タバコ関連のiOSアプリ181本をApp Storeから削除 2019年11月17日
米音楽業界の売上、ストリーミングサービスの成長によって増加傾向 2018年03月26日
「音楽アルバム」は過去のものなのか 2018年03月24日
定額制音楽ストリーミングサービスが著作権侵害を誘発するという懸念 2016年04月14日
Apple Music、日本でもスタート 2015年07月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhoneApple Music音楽配信

広告

財経アクセスランキング