マイナンバーカードの電子証明証更新、トラブルで手続きできず

2019年11月13日 09:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 11月11日、マイナンバーカードのシステムで不具合が発生し、全国の自治体で電子証明書の発行・更新手続きを行えない状況が発生したという(日経xTECH続報)。11日16時に復旧したとされているが、一部自治体では12日も電子証明書の発行・更新ができない状況になっているようだ。

 マイナンバーカードの電子証明書は各種行政手続きなどで利用できるもの。有効期間は証明書発行から5回目の誕生日までとなっており(地方公共団体情報システム機構の「電子証明書の有効期間と失効」ページ)、有効期限が切れたあとは更新が必要となる。マイナンバーカードの交付は2016年より行われており、開始直後に交付を受けた利用者は2020年1月より順次電子証明書の有効期限が切れることになる。そのため有効期限通知書の送付が行われており、11月11日より初めて更新手続きの受付が開始されていた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | IT | 政府

 関連ストーリー:
政府、マイナンバーカードを使った全国共通の新ポイント発行へ 2019年09月03日
戸籍の正本をデジタルデータに変更する戸籍法改正が官報告示 2019年06月01日
マイナンバーカードを健康保険証として使用可能にする改正健康保険法が成立 2019年05月17日
約80億円かけたマイナンバーとハローワークを繋ぐサーバー、利用率は想定の0.1% 2019年04月18日
マイナンバー通知カード、廃止が検討される 2019年02月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマイナンバー

広告