MicrosoftとNokia、第4次産業革命に向けた共同作業を発表

2019年11月9日 23:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

MicrosoftとNokiaは5日、産業のデジタル化とオートメーション化を加速するため戦略的な共同作業を行う計画を発表した(MicrosoftのプレスリリースNokiaのプレスリリースGeekWireの記事)。

具体的にはMicrosoftのクラウドソリューションとNokiaのミッションクリティカルなネットワーク技術を組み合わせ、幅広い産業にわたってクラウドや人工知能、IoTの導入を進めるというものだ。これにより、第4次産業革命(Industry 4.0)に向けたデジタルへの転換を加速していく。既に英通信大手BTがMicrosoftのAzureクラウドとNokiaのSD-WANソリューションを組み合わせたエンタープライズ向けサービス「Cloud Connect Azure」を提供している。

MicrosoftとNokiaは2011年に提携し、Nokiaはスマートフォン用OSにWindows Phoneを採用。しかし、2010年にはスマートフォン市場で30%以上を占めていたNokiaのシェアは、2013年には3%程度まで落ち込んだ。2014年にはMicrosoftがNokiaのデバイスおよびサービス事業を買収したものの、直後から大幅な人員削減続き、2016年にMicrosoftはフィーチャーフォン関連資産をFIH MobileとHMD globalに売却している。HMDはNokia Technologiesからライセンスを受けてNokiaブランドのフィーチャーフォンスマートフォンを復活させ、一定の成果を上げている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | マイクロソフト | ネットワーク | クラウド | IT

 関連ストーリー:
Nokia、携帯電話のトップブランドに復活なるか 2018年02月18日
HMD Global、Androidスマートフォン「Nokia 6」を正式発表 2017年01月09日
HMD Global、Nokiaブランドのフィーチャーフォンを発表 2016年12月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドMicrosoftWindowsWindows PhoneNokia人工知能(AI)IoT(Internet of Things)Azure

広告