東急、全車両にソフトバンク回線使用の通信機能付き防犯カメラを設置へ

2019年11月9日 09:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 nemui4曰く、

 東急電鉄が2020年7月までにLED蛍光灯一体型の防犯カメラを導入する(東急電鉄の発表ITmedia)。

 さすが東急、電鉄系で一番稼いでるんでしたっけ。痴漢が多いとの噂のJR路線にもこれ入れないのかな。

 この防犯カメラはソフトバンクの4Gデータ通信モジュールを内蔵しており、トラブル発生時に遠隔地からでもほぼリアルタイムで記録映像を確認できるという。2019年に一部車両ですでに試験導入が行われていたが、今回正式導入が決まったとのこと。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 交通 | プライバシ

 関連ストーリー:
ユナイテッド航空、プライバシーが懸念されていた機内エンターテインメントシステムのカメラにシールを貼る 2019年04月30日
中国の人工知能スタートアップ、歩き方で個人を特定する技術を開発 2019年03月01日
AIによる防犯カメラの解析で万引き犯逮捕 2018年12月13日
東京メトロと都営地下鉄、車内に監視カメラを設置へ 2017年03月16日
米国で鉄道やバスなどの公共交通機関が乗客の会話を録音していたことが発覚 2016年07月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンク東急電鉄

広告