Microsoft、75.6GBのデータを石英ガラスに記録することに成功

2019年11月9日 09:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoft Researchは石英ガラスにデータを記録する研究を行っているそうで、このたび75.6GBのデータを75×75×2mmの石英ガラスに記録する実証実験に成功したそうだ(ITmediaPC Watch)。

 データを3次元的に並ぶボクセルにエンコードし、それをフェムト秒パルスレーザーを使って石英ガラス内に刻んでいくことで記録する。2mm厚のガラスでは100層以上のボクセルを記録できるという。

 記録したデータは長期に渡って保存でき、熱が加えられたり電磁波が照射されても損傷されないとのことで数十年〜数百年単位での保存が必要なデータ向けのストレージとして研究が進められているとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | マイクロソフト | ストレージ

 関連ストーリー:
ナノテクノロジーで実現する寿命138億年のストレージ 2016年02月23日
石英ガラス内部にBlu-rayディスク並みの記録密度でデータを記録・再生する技術 2014年10月21日
数億年の保存に耐えるアーカイブ技術が登場 2012年09月24日
DNAを記録メディアにする試み 2012年08月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoft