ルイ・ヴィトンの旅本『シティ・ガイド』一新、有名観光地からプロが教える穴場まで

2019年11月8日 11:58

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、『ルイ・ヴィトン シティ・ガイド』の内容を一新する。

■内容が一新、ルイ・ヴィトンの“旅の真髄”を表す『シティ・ガイド』

 『ルイ・ヴィトン シティ・ガイド』は、メゾン創業から受け継ぐ“旅の真髄(こころ)”を表す書籍シリーズ。ページをめくれば、独自の視点で描かれた様々な都市の魅力に触れられ、個性的な世界観とともに体感しながら知ることができる。2019年は、北京、リスボン、ロンドン、モスクワ、ニューヨーク、サンフランシスコ、ソウル、シンガポール、東京、そしてパリ版が一新される。

 各都市の魅力は、様々な分野で活躍するゲストたちを通して明らかにされていく。今回は、パリと東京の案内人としてインテリアデザイナー兼建築家フランソワ=ジョセフ・グラフと隈研吾が参加している。

 『シティ・ガイド』は、他の旅本にはないユニークなコンテンツが何よりの魅力。掲載されているのは、宮殿、ブティックホテル、アンティークショップ、博物館、有名なモニュメント、そして秘密のスポット……。お腹を満たす情報も満載で、グルメなレストランから、近所のビストロ、地元住民に人気の市場、食材店まで、現地民でも知り得ないような情報も踏まえて、あらゆるスポットを集約している。

 なお、デジタル版『ルイ・ヴィトン シティ・ガイド』では、GPSで近場のお薦めスポットのリストアップが可能。また、世界各地の30都市をより身近にしてくれるEポストカード機能も搭載されている。

■世界のファッション・フォトグラファーが参加、それぞれの審美眼を感じる旅の写真集

 『ファッション ・アイ』もまた、ルイ ・ヴィトンが手掛ける“旅”に関連する書籍コレクション。才能ある若手から経験豊富なフォトグラファーまでが、都会のパノラマ、自然の風景、地元の暮らしの1コマ1コマを独自のビジョンで捉え、それぞれに表現した作品を展開する。

これまで2016年、2017年、2018年と計15タイトルを刊行しており、タイトルごとに厳選された大判の写真、そしてフォトグラファーの経歴と、フォトグラファーのインタビューまたは批評的エッセイが収録されている。そして、2019年もまた新たに4人の写真家たちが、ルイ・ヴィトンの旅の真髄(こころ)と共鳴。7月に発表された2冊に続いて、11月より、1900年頃に撮影された“日本”と“オリエント急行”が新刊として登場する。

 『ファッション・アイ オリエント・エクスプレス』by サラ・ムーン
ファッションおよび広告フォトグラファーとして活躍するサラ・ムーンによる1冊は、パリからイスタンブールまでのルートをなぞる。オリエント急行の特別客車に身を落ち着けたヒロインのスザンヌが、まるで時代から抜け出してきたかのように登場する。

 『ファッション・アイ ジャパン』byアドルフ・ド・メイヤー
京都の神社仏閣、奈良の大仏、日光の神社入口を示す鳥居、東京の上野公園など各所を訪れ、その荘厳な美しさに魅せられたアドルフ・ド・メイヤー。彼の息を呑むほど鋭敏な審美眼は、今まで見たことのないような日本を表現する1冊を完成させた。

【詳細】

■ルイ・ヴィトン シティ・ガイド ※発売中

取り扱い:ルイ・ヴィトン ストアおよびルイ・ヴィトン公式ホームページ
シティ・ガイド パリ 3,400円+税
シティ・ガイド 東京 3,400円+税
※デジタル版『ルイ・ヴィトン シティ・ガイド』各都市 1,000円+税

■ファッション・アイ ※発売中

取り扱い:ルイ・ヴィトン ストアおよびルイ・ヴィトン公式ホームページ
ファッション・アイ ジャパン 5,700円+税
ファッション・アイ オリエント・エクスプレス 5,700円+税

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードシンガポールルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)ニューヨーク上野公園サンフランシスコパリ隈研吾ロンドン

広告