日本マイクロソフト、週休3日で生産性が約4割向上

2019年11月7日 09:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 金曜日をすべて休業日としてオフィスも閉める「週休3日」を8月に日本マイクロソフトが試験的に導入した。その結果、労働生産性は4割近く向上したという(日本マイクロソフトの発表ITmediaBBCMSPoweruserSlashdot)。

 日本マイクロソフトでは8月の金曜日を「特別有給休暇」に設定。これにあわせて、会議は基本30分・人数は多くて5人というルールを決めたほか、Microsoft Teamsを使ったチャットやオンライン会議でコミュニケーションを行うなどの施策を行った。その結果、労働生産性(社員一人当たりの売上高)は2018年8月と比べて39.9%向上し、印刷枚数は58.7%減、電力消費量は23.1%減(ともに2016年8月比)になったという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | マイクロソフト | IT

 関連ストーリー:
日本マイクロソフト、8月に「週休3日制」を試験導入 2019年07月25日
佐川急便が週休3日制を導入へ 2017年06月07日
Yahoo、週休3日制の導入へ 2016年09月26日
米サウスダコタ州で週休3日制の学校が増加 2011年08月26日
節電対策のための週休 3 日制、議論に 2011年05月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoft有給休暇労働生産性