重要生活機器連携セキュリティ協議会、保険付きの認証プログラムを開始

2019年11月5日 20:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)が、サイバー保険付きの認証プログラムを開始する。保険部分は三井住友海上火災保険が提供する(ニュースリリースマイナビニュース日経新聞)。

 CCDSが定めたセキュリティ要件ガイドラインを満たし認証を取得したIoT機器に対し自動でサイバー保険が付帯され、そのIoT機器の製造・販売に際して被った損害賠償責任や、問題発生時にかかる費用を補償する。

 同認証では、第1弾として決済端末やATMなど5製品が認証を受けているという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ビジネス | セキュリティ

 関連ストーリー:
注目される「個人情報漏洩保険」 2014年08月22日
情報漏洩で妥当と考える補償額、本人特定が難しい情報には寛容 2018年12月28日
多くのIoT機器はセキュリティ対策が不十分 2019年02月07日
米上院でIoTデバイスのセキュリティ対策を求める法案が提出される 2017年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三井住友海上セキュリティIoT(Internet of Things)

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告