多くの企業で正社員が不足

2019年11月5日 20:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 労働政策研究・研修機構によると、企業の64.6%で正社員が不足しているそうだ(共同通信)。

 特に宿泊・飲食サービスや医療・福祉の業種で不足が目立つという。

 同様の調査結果は4月に帝国データバンクも発表しているが、この調査結果では50.3%の企業で正社員が不足しているという。特に不足が目立つ業種としては情報サービス、農・林・水産、運輸・倉庫、メンテナンス・警備・検査、建設が挙げられている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
クレディセゾン、アルバイト以外の全従業員を正社員化へ 2017年08月16日
派遣エンジニア不足で人材会社が外国人を正社員として雇用する動き 2017年06月02日
正社員の増加、非正規社員の増加を上回る 2016年12月02日
非正社員の割合が初めて4割に達する 2015年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード帝国データバンク