Adobe、ベネズエラでのサービス継続を発表

2019年10月31日 08:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Adobeは10月28日、ベネズエラでデジタルメディア製品のサービスが継続可能になったことを発表した(Adobe BlogBetaNews)。

 Adobeは8月に出された米大統領令13884(PDF)を順守するため、ベネズエラでのサービス中止を10月7日に発表した。この時点ではサブスクリプションがキャンセルとなるが返金はできないこと、Adobeアカウントに保存したデータは10月28日までアクセスできることなどもFAQに記載されていた(Internet Archiveのスナップショット)。ただし、10月9日には返金が可能だと修正された(Internet Archiveのスナップショット[2]The Vergeの記事)。

 その後、Adobeは米政府と交渉を進め、ベネズエラでのサービス提供の継続が認可されたという。FAQも更新され、サブスクリプションは継続されること、本件でキャンセル・返金されたサブスクリプションも再アクティベートされること、サブスクリプションに90日間の無料期間が追加されること、アクセスできなくなったサービスも1週間以内に復元されることなどが明記されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | ソフトウェア | クラウド | スラッシュバック | 政治 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
Adobe、米大統領令に従ってベネズエラでの製品やサービスの提供を中止、同国内ユーザーのアカウントはすべて凍結 2019年10月09日
Adobe CC、突然古いバージョンの製品の使用を認めない方針に変更 2019年05月11日
Adobe CC、月額1,000円値上げ(との噂) 2018年12月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAdobeサブスクリプション

広告

財経アクセスランキング