ゼンリン、位置と流通情報の最適化による価値創造で成長へ挑む

2019年10月21日 06:43

小

中

大

印刷

 ゼンリンは、21日から開催される「第26回ITS世界会議シンガポール2019」へ、人々の「移動の可視化」を可能とし、モビリティサービスの連携を高度化させる地図ソリューションを出展する。

【こちらも】「Googleマップの劣化」、迅速な修正可能な独自システムの採用が背景に

 移動をシームレスな1つのモビリティサービスとしてとらえるMaaS時代に向け、位置・空間情報を最適化し、地図データベースとして初公開する。同時に自動運転向け3次元高精度地図データベースと、MaaSの社会実装への貢献に向けた取り組み事例を紹介する。

 ゼンリンは、大迫正富が1948年別府市で観光文化宣伝社の設立に参加したのに始まる。観光客向けの地図が好評で、1954年に北九州市に本社を移転した。次第に住宅地図の発行エリアを拡大し、1980年に日本で初めて住宅地図の全国出版を達成した。

 1983年に商号を現在の「株式会社ゼンリン」へ変更し、地図のデータベース化に着手し、1990年にはGPSに対応した世界初のカーナビゲーションシステムを開発した。

 2019年3月期の売上高は637億円。セグメント別の構成比はカーナビメーカー、カーメーカー向け地図データの提供、自動運転、先進運転システムに対応するオートモーティブ事業が29%、スマホナビサービス、物流、交通、インフラ、サービスプロバイダーなどとの連携ビジネスを行うIoT事業が23%、不動産、建設などへ地図データ、サービスの提供を行うプロダクト事業が23%。地図データを活用した商圏分析、DM作成などのマーケティングソリューション事業が12%、消防、防災、住民対応活動などで自治体を支える公共ソリューション事業が11%、観光、案内地図などのマップデザイン事業が2%を占めている。

 単なる地図の提供ビジネスから、地図情報とその他の情報をつないで提供するソリューションビジネスへと拡大してきたゼンリンの動きを見ていこう。

■前期(2019年3月期)実績と今期見通し

 前期売上高は、過去最高を更新する637億円(前年比3.9%増)、営業利益は前年よりも3億円増の58億円(同7.0%増)であった。

 営業利益増加の要因は、自治体向け地図データと受託調査増の公共ソリューションで7億円など全事業において24億円の増加に対し、外注費など売上原価の上昇や、人件費など販管費増加により営業費用が20億円増加した結果、差し引き約3億円の増加となった。

 今期売上高は638億円(同0.2%増)、営業利益は59億円(同1.7%増)を見込んでいる。

■中長期経営計画(2020年3月期~2025年3月期)による推進戦略

 情報があふれるネットワーク社会で「量と質」の最適化のために、位置情報と流通情報を最適化して新たな価値創造を行い、成長を目指す戦略を推進する。

 1.プロダクト: 新たな住宅地図データを開発し、企業向けライセンスビジネスの拡大。

 2.公共ソリューション: 自治体の地図プラットフォームで、自社サービスと他社サービスの共存により、水道配管マップや防災マップ制作へ住宅地図利用の拡大。

 3.オートモーティブ: データベースの最適化を推進し、ユーザーが用途選択できるカーナビ仕様の開発と自動運転、先進運転向けの高精細度地図データの開発促進。

 4.IoT: 移動をシームレスにつなぐMaaSビジネスへ対応したネットワークデータをスマホナビ、大手プラットフォーマーへ提供し、位置情報利用のシェア拡大。

 住宅地図作りから出発し、MaaS時代に適合したデータビジネスへの飛躍を目指すゼンリンの動きを見守りたい。(記事:市浩只義・記事一覧を見る

関連キーワード自動運転IoT(Internet of Things)ゼンリン

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース