気象庁、台風19号に命名する方針 42年ぶり

2019年10月18日 09:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 気象庁が、先日本州を襲った台風19号に名前を付ける方針を決めたという。台風に名前を付けるのは1977年の「沖永良部台風」以来42年ぶり(毎日新聞産経新聞)。

 気象庁は台風の名称を定める基準を「大規模損壊1000棟以上、浸水家屋1万棟以上、相当の人的被害」と設定しており、台風19号はこれに該当するため。来年5月までに名前を決定するという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球

 関連ストーリー:
台風19号の影響で新幹線や図書館が水没、多数の堤防が決壊 2019年10月16日
監視装置がない低圧線や引き込み線の損傷による停電、千葉で相次ぐ 2019年09月25日
台風による倒木が停電復旧の妨げに 2019年09月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード台風

広告