「佐藤可士和展」六本木・国立新美術館で、約30年の多彩な仕事を紹介

2019年10月14日 18:09

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 展覧会「佐藤可士和展」が、2020年9月16日(水)から12月14日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館にて開催される。

■日本を代表するクリエイターの軌跡を追う

 「さまざまな美術表現を紹介し、新たな視点を提起する美術館」という方針のもと、デザイン・建築分野の展覧会を催してきた国立新美術館。今回その試みの1つとして、日本を代表するクリエイティブディレクター・佐藤可士和を取り上げた展覧会を開催する。

 90年代に博報堂のアートディレクターとして数々の斬新な広告プロジェクトを打ち出した佐藤可士和は、2000年に独立。以後、企業のみならず、幼稚園、病院、ファッション界や地域産業に至るまで、多様なブランディング戦略を手がけてきた。その例はユニクロ(UNIQLO)や楽天グループのグローバルブランド戦略、セブン-イレブンジャパンのブランディング計画、そして国立新美術館のシンボルマークデザインなど、枚挙にいとまがない。

 個展として最大規模となる「佐藤可士和展」では、佐藤自身のキューレーションのもと、およそ30年にわたるその活動を「作品」として描き出す。「伝えるべき情報から本質を抽出し、だれもが一目見て理解できる記号に置き換え、広く伝える」というデザインの原理を、文化・経済・日常にまで広げる仕事の数々へと、多角的に迫る展覧会となる。

■詳細

 「佐藤可士和展」
会期:2020年9月16日(水)~12月14日(月)
休館日:毎週火曜日
※ただし、9月22日(火・祝)、11月3日(火・祝)は開館、9月23日(水)、11月4日(水)は休館
開館時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
※毎週金・土曜日は、9月は21:00まで、10月・11月・12月は20:00まで
会場:国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7-22-2

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード国立新美術館

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース