「吉祥寺カレーフェスティバル2019」牛サイコロカレーや本格スパイスカレーなど25店舗

2019年10月13日 17:47

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「吉祥寺カレーフェスティバル2019」が、2019年10月25日(金)から2019年11月4日(月)まで吉祥寺駅周辺25店舗にて開催される。

 「吉祥寺カレーフェスティバル2019」は、吉祥寺では初開催となるカレーの食べ歩きイベントだ。吉祥寺が醸し出す“エスニックさ”をテーマに、個性的なお店や知る人ぞ知る名店のカレー、特別メニューなど多種多様なカレーを用意する。

 サマ キチジョウジからは以前好評だったマンスリーカレー「牛サイコロとたっぷり野菜カリー」が登場。またロジウラカリィーサムライ.吉祥寺店の「大山鶏のハニーマスタードチキンと野菜のカレー」をはじめ、多彩なこだわりカレーがラインナップする。さらに、食べ歩きにうれしいミニカレーを一緒に展開する店舗も。

 なお、カレーを食べて参加できるスタンプラリーも開催。吉祥寺駅前や各店舗にて配布のパンフレットで、気になるお店をチェックしてみて。

【詳細】
吉祥寺カレーフェスティバル2019
開催期間:2019年10月25日(金)~2019年11月4日(月・祝)
※時間は参加店舗の営業時間に準ずる
場所:吉祥寺周辺の25店舗
メニュー例:
・サマ キチジョウジ「牛サイコロとたっぷり野菜カリー」1,430円
・ロジウラカリィーサムライ.吉祥寺店「大山鶏のハニーマスタードチキンと野菜のカレー」1,800円
・らすぷーる「オムライスカレー」935円(ミニカレー 660円)
・せきちゃんカフェ「スペシャルカレー」1000円(ミニカレー 500円)
※パンフレットは吉祥寺駅前や各店舗にて配布

【問い合わせ先】
株式会社アイラブ
TEL:03-6804-9710

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード吉祥寺カレー

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース